FRC断熱パネル
外断熱工法
  1.外断熱工法の特徴         4.規格寸法         7.外装仕上げ
                                     (外装表面仕上げについて)
  2.外断熱パネルの特徴       5.各部おさまり       8.品質維持

  3.性能                  6.外装仕上げ        9.安全作業
                    (目地部シーリング材について)
                                       10.締付部詳細


外断熱工法は、断熱の4つの目的(1.完全な断熱施工 2.室内温度環境の改善 3.結露防止 4.躯体の熱応力保護)を充分に実現する、理想の工法です。

FRC外断熱パネルは、GRC板(耐アルカリガラス繊維強化セメント板)と断熱材を複合したコンクリート型枠断熱パネルです。



外断熱工法の特徴

1.完全な断熱施工
内側断熱では、間仕切り壁や床の部分で断熱材が切れ、その隙間の部分から、大量の熱が逃げてしまい、局部結露を起こす原因にもなっています。FRC外断熱工法なら、断熱材の切れ目も少なく、熱の放出もおさえられ、外部の温暖化防止、省エネルギーにもつながります。


2.室内温度環境の改善
室内の空気の快適温度分布にも、FRC外断熱工法は大きな効果を発揮します。特に、暖房停止後の温度降下が小さく、翌朝の室温を快適に保ちます。


3.結露防止
FRC外断熱工法は、外周壁の室内壁面温度を上昇させて露点温度をより高く保つため、壁の表面に結露を生じさせません。


4.躯体の熱応力保護
躯体の熱応力保護は、外側断熱によってのみ、なされるものです。FRC外断熱工法なら、例えば西日による変動から発生する躯体表面のひび割れ防止に役立ちます。


■外断熱と内断熱の違いと室温と壁表面温度のサイクル

●外断熱と内断熱の違い


      

●温度と壁表面温度のサイクル









外断熱パネルの特徴

1.プレハブ化で作業の効率をアップ
 ●型枠同時打込工法
   FRC断熱パネルは型枠の性能を兼ね備えているため、型枠合板(コンパネ)なしで外壁面、スラブの施工ができる捨型枠
   同時打込工法を採用することにより、施工の能率化を図れます。

 ●外断熱後貼工法
   工場において養生された複合パネルの搬入・施工による外断熱後貼工法が、既設建物の断熱改修作業の合理化を可能
   にしました。



2.優れた耐久性
   表面材に使用するFRCは耐久性、耐水性に優れております。また、断熱材の吸水性がほとんどないため、寒冷地でも基
   礎部、GL下での使用が可能です。



3.半永久的な断熱性
   断熱材は建物の一部です。施工後断熱性能が低下しては問題です。ポリスチレンフォーム保温板は水を吸収しにくく湿気
   を通しにくく、断熱性能は半永久的に変わりません。



4.確かな防火性
   当社のFRC断熱パネルは、昭和60年9月5日付けで旧建設省住指発第510号通達に基づく耐火性能試験(1時間)加熱
   試験に合格、防火上支障がないものとして認められています。




性能

■表面材-FRC(GRC板)の一般物性


設定工法
GHタイプ
GNタイプ
 
認定番号
FP120BE-9028
FP060BE-9041
FP120BE-9035
FP060BE-9048
 
項目
性能
性能
 一般建築用
比重
2.0~2.2
0.9~1.2
 JIS A5430C(105℃×24Hr)
曲げ強度
22N/㎜²以上
10.8N/㎜²以上
 JIS A1408
衝撃強度
合格
合格
 JIS A5422・2002
含水率
10%以下
10%以下
 JIS A5430
 105℃に24時間
吸水率
7%以下
36%以下
 JIS A5430

 15~25℃清水中に24時間放置
熱伝導率
1.3W/m・K
0.21W/m・K
 JIS A1412


■断熱材-押出法ポリスチレンフォーム保温板

一般物性表[JIS A9511]

単位系 単位 XPS-B-1b
保温板1種b
XPS-B-2b
保温板2種b
XPS-B-3b
保温板3種b
熱伝導率
(20℃)
SI
W/m・K
0.040以下
0.034以下
0.028以下
MKS
Kcal/mh
0.034以下
0.029以下
0.024以下
曲げ強さ
SI
N/c㎡
20以上
20以上
25以上
MKS
Kgf/c㎡
2.0以上
2.0以上
2.5以上
圧縮強さ
SI
N/c㎡
16以上
18以上
20以上
MKS
Kgf/c㎡
1.6以上
1.8以上
2.0以上
吸水率
SI
g/100c㎥
0.01
0.01
0.01
MKS
g/100c㎥
0.01
0.01
0.01
透湿係数
SI
ng/㎡・s・Pa
145以下
145以下
145以下
MKS
g/㎡・h・mmHg
0.07以下
0.07以下
0.07以下
加熱変形温度
SI
80
80
80
MKS
80
80
80
燃焼性
SI
3秒以内に炎が消え
残塵が残らない
合格
合格
合格
MKS
合格
合格
合格

※上記物性値は、JISに定める値です。実際の値は各断熱材メーカーのカタログを参照願います。

耐候性  直接日光に当たらないよう注意してください。
耐薬品性 酸、アルカリには強いがアルコール系以外の有機溶剤には侵されます。
耐油性  A重油や鉱物性の油類に侵されます。